自治体の公用文をやさしい日本語に翻訳する5つのコツ
自治体の公用文をやさしい日本語に翻訳する5つのコツ

    やさしい日本語に取り組む、自治体職員などの公務員のみなさま。 以下のような悩みを持っていませんか? 「お知らせをやさしい日本語に翻訳したけど、わかりにくいとクレームが…」 「市としてやさしい日 […]

続きを読む
フミコム 根本真紀
やさしい日本語の考え方が、さまざまなシーンで必要になる
地域連携ステーション フミコム 根本真紀(後編)

    前編に引き続き、地域連携ステーション『フミコム』の根本真紀さんに話を聞きました。 後編では文京区における在留外国人対応への課題と、やさしい日本語の必要性について話を伺います。   根 […]

続きを読む
フミコム 根本真紀
地域の課題は地域のつながりで解決する
地域連携ステーション フミコム 根本真紀(前編)

  ダンクのやさしい日本語インタビュー企画。今回は文京区の社会福祉協議会が運営する『フミコム』さんを訪問しました。 地域福祉や地域課題に対して、全国的にもあまり例のないアプローチで取り組むフミコム。やさしい日本 […]

続きを読む
千葉祐大
外国人とのコミュニケーションで活きるやさしい日本語
キャリアマネジメント研究所 代表 千葉祐大(後編)

前回に引き続き、外国人材に関する企業研修やコンサルティングを数多く手掛ける千葉祐大さんに話を聞きました。 後編では、キャリアパスという考え方の重要性と職場でのコミュニケーション方法について話を伺いました。   […]

続きを読む
千葉祐大
企業が外国人を雇用するメリットと活用のポイント
キャリアマネジメント研究所 代表 千葉祐大(前編)

  外国人を雇用したけど、どうマネジメントすればいいのか分からない… 外国人雇用を考えているけど、どんなところに注意すればいいのか分からない… 外国人の受け入れも簡単ではないと感じている方は多いのではないでしょ […]

続きを読む
やさしい日本語 外国人ヒアリング・座談会
日本語ってどこが難しいの?難しい理由を日本に住む外国人に聞いてみた。(ダンク主催 外国人ヒアリング・座談会)

世界の言語の中でも難しいと言われる日本語。表記方法の多さ(ひらがな、カタカナ、漢字)や、1つの漢字に2つ以上の読み方があるなど、日本語の難しさにはいくつか理由があります。 やさしい日本語に取り組むダンクは、外国人にも正し […]

続きを読む
多文化共生のインフラ投資が日本の未来をつくる!
東海大学教養学部 万城目 正雄 (後編)

  前回に引き続き今回も、日本における外国人材の受け入れと対外経済政策に詳しい東海大学教養学部准教授の万城目正雄先生に、日本の外国人労働者受け入れの現状と課題、そしてめざす多文化共生社会に向けてどのような取り組 […]

続きを読む
日本は多文化共生のインフラを作り出せるか 
東海大学教養学部 万城目 正雄 (前編)

  2008年をピークに総人口が減少に転じ、本格的な人口減少社会に突入した日本。様々な弊害が話題になるなか、とりわけ大きく取り上げられるのが生産年齢人口の減少です。こうしたなか国も外国人労働者の受け入れ政策を加 […]

続きを読む
吉開章 やさしい日本語
コミュニケーションの壁を「やさしい日本語」というiPS細胞で変えていく
やさしい日本語ツーリズム研究会 吉開 章(後編)

  吉開さんが進めるプロジェクト、「入門・やさしい日本語」認定講師養成講座を中心に話を聞きました。 認定講師の方を「仲間」と表現する吉開さん。仲間と一緒に、活動は全国に広がっています。 後編も「やさしい日本語ツ […]

続きを読む
吉開章 やさしい日本語
AI・障がい者支援……「やさしい日本語」を活用した情報保障の可能性
やさしい日本語ツーリズム研究会 吉開 章(前編)

  やさしい日本語は、どのような可能性を秘めているのか。 AI翻訳とやさしい日本語は高い親和性があると吉開さんは考えています。 AI翻訳の発展を待つのではなくて、AI翻訳に合わせた話し方ができるようになれば、精 […]

続きを読む
行政は やさしい日本語 に取り組む人々の媒介でありたい。 
東京都生活文化局 都民生活部 村田陽次(後編)

  今、東京都はやさしい日本語の普及に力を入れています。 文化施設や地域福祉など幅広いシーンで、やさしい日本語の普及・活用に期待していると村田さんは語ります。 後編も東京都生活文化局 都民生活部の村田陽次さんに […]

続きを読む
やさしい日本語の相手は外国人に限りません。 
東京都生活文化局 都民生活部 村田陽次(前編)

今、東京都はやさしい日本語の普及に力を入れています。 なぜやさしい日本語なのか、やさしい日本語にはどんなメリットがあるのか。 今回は、東京都生活文化局 都民生活部の村田陽次さんに話を伺いました。 行政という目線から、やさ […]

続きを読む
やさしいコミュニケーション協会 黒田友子
デザインは受け取りやすくする「やさしさのひとつ」
やさしいコミュニケーション協会 黒田友子(後編)

  やさしい日本語でいくら文章を書いても、そもそも見てくれなければ伝わりません。 当たり前の話かもしれませんが、忘れがちなポイントでもあります。 見て欲しい人に確実に手にとってもらうために、必要なのがデザインだ […]

続きを読む
やさしいコミュニケーション協会 黒田友子
医療の世界で「やさしい日本語」を。
やさしいコミュニケーション協会 黒田友子(前編)

  命を扱う医療現場で、日本語が堪能ではない外国人とどのようにコミュニケーションをとればいいのか。 誤った伝達が許されない医療現場では、やさしい日本語をはじめ、医療通訳や機械翻訳などのツールの特徴を理解し、シー […]

続きを読む
やさしい日本語はインフラです 
ダンク「やさしい日本語プロジェクト」森 順一郎

    記念すべきインタビュー記事第1弾は、ダンクの「やさしい日本語プロジェクト」を推進するリーダー、森順一郎に話を聞きました。 やさしい日本語との出会いから、ダンクが取り組むべき課題、そしてやさしい […]

続きを読む