「やさしい日本語」と「編集」で、外国人とのコミュニケーションを円滑に。積極的な外国人労働者の雇用、世界的なスポーツイベントの開催など、真のグローバルな社会像を求められている現代日本。しかし、非英語圏から来日する外国人の増加や、翻訳のためのコストや時間など、多言語への言い換え・書き換えには限界があります。そんな中、いま注目されているのが「やさしい日本語」です。ダンクは長年培った「編集」の力を生かして、他とは違った「やさしい日本語編集」サービスを提供いたします。
コラム・お知らせ
サービス 「やさしい日本語編集」で出来ること
パンフレット・帳票制作 国保や年金などの複雑な制度を、わかりやすく説明 外国人にも分かりやすい表現や構成で、書類の記入モレや添付モレを解消
マニュアル制作 図解やイラストを使い、視覚的にもわかりやすいマニュアルの作成 伝わる注意喚起で、事故を防止

テキスト書き換え 多言語での情報発信や告知に、やさしい日本語を加えたい 受付、窓口業務で使う資料を外国人にもわかりやすいものにしたい
Webページ編集 際限のない多言語版サイトの作成を、やさしい日本語版に集約 無料の翻訳サービスでも、精度の高い翻訳が可能に

オプション 「やさしい日本語編集」 オプションサービス
外国人目線チェック 本当に外国人にも正しく伝わるの?という不安を解消するために、外国人がチェックを行います。導入してみたけど効果がない……では意味がありません。
やさしい日本語校正 自分たちで「やさしい日本語」に書き換えてみたけど、本当に合っているの?御社が書き換えたやさしい日本語を、ダンクが第三者目線で校正を行い、フィードバックします。書き換えに比べて、コスト面でのメリットもあります。
無料説明会 ワークショップ 「そもそもやさしい日本語って何?」という方を対象に、定期的に無料の説明会を行っています。オンラインでの対応も承っております。

このほかにも、きっと御社のビジネスをお手伝いできることがあるはずです。

 まずはお気軽にお問い合わせください。

ダンクの「やさしい日本語編集」へのお問い合わせ・お見積りはこちらから
ダンクの「やさしい日本語編集」は、ここが違う

ただ単純に日本語を書き換えるだけではなく、以下の3点をキーワードに、よりわかりやすく、よりやさしくを目指します。相手に必要な情報だけを伝える情報の取捨選択 単純にすべての情報を書き換えるのではなく、本当に必要なこと・伝えたいことを強調して言います。本当に伝えたいことを明確にする情報の再編集 書き換えの際には、「はさみの法則」(はっきり言う、最後まで言う、短く言う)を意識します。※「はさみの法則」は東京外国語大学 荒川洋平教授提唱 直感的に理解してもらうイラストの活用 わかりにくい日本語も、イラストを使用す
ダンクの「やさしい日本語編集」と、一般的な「やさしい日本語書き換え」を比べてください
原文 電話のマナー 一般的なやさしい日本語 ダンクのやさしい日本語
ダンクの「やさしい日本語編集」に際しての、今回の書き換えポイント
外国人でも言いやすい言葉に 文末表現はなるべく統一 対応に流れに沿った図解説明で、直感的に 読みやすいように文節で間を区切る(分かち書き))

今回は4つポイントを挙げましたが、これがすべての事例に当てはまるわけではありません。

ダンクでは、冒頭で紹介した3つのキーワードを基本に、事例ごとに、「どうすればよりわかりやすく、やさしくできるか」を考えながら、最適な書き換えを行っています。

 

これは、日本語のプロとして長年培ってきた『編集・校正力』を持つ私たちの強みであり、
これからも一歩上を行く「やさしい日本語」を提供していきます。


その理由は、確かなフローでの変換・編集
ダンクではしっかりとした作業フローに基づき、より的確な「やさしい日本語」への書き換え・編集を行っております
原文の精査 わかりやすい文章に編集 やさしい日本語に書き換え デザインラフ作成 デザイン作成

※「わかりやすい文章に編集」の工程は、

   一橋大学「やさしい日本語」科研 庵功雄教授の提唱する「公文書書き換えプロジェクト」を参考にさせていただいております。

このほかにも、きっと御社のビジネスをお手伝いできることがあるはずです。

 まずはお気軽にお問い合わせください。

ダンクの「やさしい日本語編集」へのお問い合わせ・お見積りはこちらから