「やさしい日本語」は、

外国人にも伝わりやすい日本語です。

  

 

1995年の阪神・淡路大震災で、

 

日本語も英語も十分に理解できない外国人に

 

必要な情報が伝えられなかった苦い経験をもとに、

 

考えられました。

 

 左は一般的な避難誘導、

 

右はそれを「やさしい日本語」にしたものです。

 

 

情報量は少なくなりますが、

 

本当に伝えたい内容がすぐにわかります。

 

日本語に不慣れな外国人にも、

 

必要な情報を確かな精度で伝えることができます。 

 

 

 

最近では発災時以外にも、

 

インバウンド対応や行政の情報発信、

 

「やさしい日本語」のニュースなど、

 

多方面で活用されはじめています。

 


 

 

 

「やさしい日本語」の必要性

 

 

 

 

「より多くの外国人に情報を伝えることが出来る」

 

 

現在、約160以上もの国から

 

外国人が来日し、生活をしています。

 

 

すべての人に、母語で情報を伝えられることが

 

理想的なのですが、現実的ではありません。

 

 

日本で生活している外国人の多くが、日本語を勉強しています。

 

従来の英語や中国語、ハングル語などでの多言語の対応に加えて、

 

 「やさしい日本語」を使うことで、より多くの外国人に、

 

情報を伝える事ができます。

 

 

 

 

 

外国語へ翻訳しやすくなる

 

 

日本語から外国語に翻訳するときは、

 

文法を整理してから翻訳した方が、わかりやすくなります。

 

 

機械翻訳では、思った通りに翻訳できないことがありますが、

 

文法が簡単な「やさしい日本語」を使えば、

 

よりわかりやすく翻訳することができます。

 

 

 

 

 

「発災時に必要な情報を素早く伝える」

 

 

発災時はできる限り、情報を素早く伝える必要があります。

 

 

災害情報は状況に応じて変化していくので、

 

複数の言語にその都度翻訳して情報を提供することは、

 

現実的ではありません。

 

 

「やさしい日本語」なら、災害情報をより多くの外国人に、

 

素早く正確に伝えることが出来ます。

 


 

 

 

ダンクグループは「やさしい日本語」を

より身近なものにしていきます。

 

 

日常で日本語がわからずに困っている外国の方は大勢います

 

 

例えば、電車の乗換案内や家電の取扱説明書のような身近なもの、博物館の展示品の

 

解説文など、「やさしい日本語」があれば助かる場面は多々あります。

 

 

ダンクグループの役割は、日本語の文章をただやさしい文に

 

書き換え」することではありません。

 

 

「順番をこう並び替えた方が分かりやすい」

 

「長文だと難しいので箇条書きにしよう」

 

「この情報は外国の方にとって必要か」

 

「ここにはイラストを入れたほうが伝わりやすい」

 

といった、より理解しやすいものに“編集”をすることです。

 

 

単純な「書き換え」だけをするのではない

 

総合的な“編集力”ダンクグループならではの取り組みなのです。

 

 

「やさしい日本語」という概念はまだ一般的ではありません。

 

ですが2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けての多言語対応で

 

「やさしい日本語」に注目が集まるなど、少しずつ認知度も上がっています。

 

 今後さらなる国際化の波とともに需要が増していくことでしょう。

 

 

また、外国の方だけではなく、複雑な文章を理解することが難しい

 

子どもやお年寄りにも「やさしい日本語」は大きな助けとなります。

 

   


ダンクグループの

「やさしい日本語」書き換え例

 


 

 

 

「やさしい日本語」に関するご質問、ご相談などございましたら、

お気軽にお問い合わせください。

株式会社ダンク   TEL 03-5817-3741

〒110-0016 東京都台東区台東1-7-1 邦洋秋葉原ビル3F

受付時間【11:00~19:00】