やさしい日本語とは、かんたんな表現に書き換えて、 外国人にもわかりやすくした日本語のことです

1995年の阪神・淡路大震災で、日本語を十分に理解できない外国人に必要な情報が伝えられなかった苦い経験をもとに、考えられました。

日本語も英語も十分に理解できない外国人被災者の問題を契機に考案されたこの概念は、日本に暮らす・訪れる外国人の国籍や使用言語が多様化するなか、現在では全国の地方自治体で情報発信に活用されています。

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けての、多言語対応の手段の一つとしても採用されました。 
(参考:東京都オリンピック・パラリンピック準備局 多言語対応協議会ポータルサイト

1995年の阪神・淡路大震災で、日本語を十分に理解できない外国人に必要な情報が伝えられなかった苦い経験をもとに、考えられました。

日本語も英語も十分に理解できない外国人被災者の問題を契機に考案されたこの概念は、日本に暮らす・訪れる外国人の国籍や使用言語が多様化するなか、現在では全国の地方自治体で情報発信に活用されています。

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けての、多言語対応の手段の一つとしても採用されました。 
(参考:東京都オリンピック・パラリンピック準備局 多言語対応協議会ポータルサイト

男性Fがご案内するイラスト
やさしい日本語への言い換え例

左は一般的な避難誘導、右はやさしい日本語に編集したものです。

やさしく言い換えることで、場合によっては詳細な部分が省略されてしまうという面もあります。
これは文章が長くなったり、複雑な説明が必要となることを避けるために、意図的に行われるものです。

ある程度簡略化することで、「高い所に にげて!」という最も重要な情報を、より多くの人に伝えることができると考えられます。

やさしい日本語は、外国人との コミュニケーションを改善する手法として注目されています

「困ってませんか」プレート(スマホ用)

やさしい日本語なら……

「明瞭な指示で-外国人との確実なコミュニケーションが可能に」と叫ぶ吹き出し
現場監督のシルエット(ピクト)
「叫ぶ吹き出し:効率的な多言語対応で-コストの削減が可能に」と叫ぶ吹き出し
コストダウンのシルエット(ピクト)
「イラスト等を活用した資料で-ルールをわかりやすく伝えることが可能に」と叫ぶ吹き出し
ごみ捨てのシルエット(ピクト)
男性Gがレクチャーしているイラスト

やさしい日本語のマニュアルと言い換えリストを無料で進呈

お気軽にご相談ください