ダンクのやさしい日本語 Q&A

「やさしい日本語」についてのよくあるギモンにお答えします。

※A. の左にある三角をクリックしてください。くわしい解説が出ます。

Q. 「やさしい日本語」ってなに?

 

 

 

 

  A. かんたんな表現に書き換えて、外国人にもわかりやすくした日本語のことです。

 

 行政・生活情報やニュースの提供など、 多くの場面での活用がはじまっています。

 

→詳細ページへ

 

 

 

 

 



Q.「やさしい日本語」はどうして生まれたの?

 

 

  A. 阪神・淡路大震災の苦い経験をもとに生まれました。

 

 1995年1月の阪神・淡路大震災では、日本にいた多くの外国人も被害に遭いました。

 彼らの多くは日本語の理解が十分でないために、「避難してください」といった重要な情報を受け取ることができなかったのです。
   そこで、 緊急時に外国人にも速やかに情報を伝えるために考え出されたのが、

 「やさしい日本語」という概念なのです。

 

 以降、大学を中心とする様々な教育機関で 「災害が起こった時の情報提供ツール」としての研究が続けられ、

 災害放送の“「やさしい日本語」への言い換えの手引き”なども発行されています。

 

→詳細ページへ

 



Q. 災害なんてめったに起こらないけど・・・「やさしい日本語」って必要あるの?

 

 

   A. 日本に来る外国人が増える社会で、スムーズな意思疎通が可能に。

 

 あなたは言葉が分からず困っている外国人をよく見かけませんか?

 たとえば、駅を歩いていると、電車の乗り換えが複雑で分からず、

 駅員さんとお互いに苦労しながら会話をしている外国人の姿を見かけることがあります。

 また、飲食店の食券は海外にはないため、使い方が分からないそうです。

 ありふれた日常生活の中でも、こんな風に困っている外国人ともっとスムーズな意思疎通ができるように、

 「やさしい日本語」の研究が日々続けられています。

 

 たとえば外国人労働者の多い会社では「やさしい日本語版・業務マニュアル」を制作したり、

 外国人の住民が多い自治体では「やさしい日本語版・ごみ袋」を導入したり……。

 ニュースを「やさしい日本語」でウェブページに掲載する報道機関だってあるんです。

 

 さらには「やさしい日本語」を観光などの分野で活用し、

 インバウンド対策としている自治体や企業も出てきました。

 

 外国からの人々が当たり前のように社会に溶け込む、これからの日本。

 “本当の国際化”に向け、「やさしい日本語」はさらに広がっていくでしょう。

   

  

→詳細ページへ

 



Q. “国際共通語”の英語ができれば「やさしい日本語」はいらないんじゃ・・・?

 

 

    A. 英語が難しい外国人もたくさん。英語より日本語のほうが通じるんです。

 

 近年日本で暮らす外国人の約8割はアジア圏の方。

 必ずしも英語を母語とする国の人だけではありません。

 そのため、英語を十分に理解できていない場合も多々あり、

 「英語=国際共通語」という認識は、もはや通じなくなってきたのも事実です。

 

 しかし観光客はともかく、日本で暮らそうとやって来たほとんどの人は(生活で困らないよう)簡単な日本語なら覚えようとします。

 そのため、より多くの外国人に正確な情報を伝えるには、「やさしい日本語」のほうが有効な場面が出てくるのです。

 

 →詳細ページへ

 



Q. “機械翻訳”があれば「やさしい日本語」はいらないんじゃ・・・?

 

 

 A. 日本語はルールが複雑すぎるので、機械翻訳だけでは対応しきれません。

 

 AI技術の進化もあり、最近の機械翻訳は本当に精度が高くなっています。

 しかし 日本語は文脈で判断できる言葉を省略することが多く、

 機械翻訳にかけると誤訳が多くなってしまいます。

 

 通常の日本語を一旦「やさしい日本語」にすることで、

  主語・述語の関係が整理され、機械翻訳の精度アップにつながります。

 

 また、日本で暮らす外国人全員に「機械翻訳機」を配ることは、コスト的にも物理的にも不可能ですよね。

 

 

→詳細ページへ



Q.やさしい日本語」で会社のコストが削減できるって本当?

 

 

  A. 「やさしい日本語」で多くの言語をカバー。翻訳・通訳の費用を抑えます。

 

  「やさしい日本語」は、「多言語対応」の分野で活用することができます。

 公共施設の看板などで表示されているのは、せいぜい「日・英・中・韓」の4カ国語程度。
 しかし最近では、それ以外を母語とする人々もたくさん日本にやって来ています。

 それぞれの国の言葉に対応していくとしたら・・・いったい何カ国語に対応すればよいのでしょう・・・?
   その翻訳や通訳にかかる時間とコストは膨大なものになります。

 

 そこで、日本語を学び始めて間もない外国人でも読めるように考案された

 「やさしい日本語」と英語や中国語などを組み合わせて導入することで、

 かなりの言語をカバーすることができるのです。

→詳細ページへ

 

 

 



Q.「やさしい日本語」って外国人のためだけのものなの?

 

 

   A.  いいえ、そうではありません。日本語の理解が難しいすべての方を助けます。

  

 「やさしい日本語」は、難しい表現をわかりやすいように簡単にしたものです。

 ですから、複雑な文章を理解することが難しい子どもたちやお年寄り、障がいがある方などにも

 大きな助けとなるでしょう。

 

 そのため今後、介護現場や教育機関、支援施設などでも活用されることが予想されます。

 

 



Q.「やさしい日本語」って読みづらくない?

 

 

 A. 日本語に不慣れな方向けなので、違和感があるかもしれません。

  

 確かに外国人を読み手として想定すると、どうしても不自然な日本語になりがちです。

 いわゆる「美しい」日本語とは すこし違うかもしれません。

 

 文章をすべて “ひらがな” で書いた「やさしい日本語」も見受けられますが、

 ダンクでは基本的に漢字を織り交ぜた「やさしい日本語」を推奨しています。

 なぜならある程度日本語が読める外国人には日本人と同じように、

 熟語を使ったほうが意味が伝わりやすいことが多いからです。

 

 

 このように 対象者の日本語理解の度合いによって、その難易度を使い分けるのが

 “ダンクの「やさしい日本語編集」”です。

 

 



Q.ダンクの「やさしい日本語編集」サービスは、他とどこが違うの?

 

 

 

 A. 編集・校正のスキルで、読む人を第一に考えた「やさしい日本語」を提供します。

 

 ダンクが提供する「やさしい日本語編集」は、単純に言葉を書き換えるだけではありません。

 読み手の目線に立ち、情報をよりわかりやすく「編集」して伝える、一つ上のサービスです。

 

 「やさしい日本語」の説明をすると、難しい言葉をやさしく書き換えて、せいぜい文章の体裁を整えるくらい、

 と思われるかもしれません。それだけだったら、いずれ機械翻訳でもそれなりのものができるようになるでしょう。

 

 でも、ダンクの考える「やさしい日本語」は、それとはちょっと違います。

 「こういう順番に並び替えた方が分かりやすい」

 「長文だと難しいので箇条書きにしては?」

 「この情報はそもそも外国人にとって必要か」など、

 ダンクでは 読む人のことを徹底的に考え、その人に関係ない情報や過剰な表現を削ぎ落し、逆に必要と考える情報を加える。

 それがダンクの考える「やさしい日本語」であり、 機械翻訳では決してできないことなのです。

 

 

 単なる書き換えではないそういった視点で、「編集」を含めたご提案をする。

 これが編集・校正の会社として長年培ってきたダンクの得意分野です。

 

 このサイトではサンプルとして「やさしい日本語書き換え事例」も掲載しています。

 右下の詳細ページへのリンクよりご覧ください。

→詳細ページへ