やさしい日本語は病院でも活用することができます。

 

今回は一般的な問診票を参考にして、

言い換え・編集をしました。

 

 

病院での問診票

電話のマナー

 

やさしい日本語に

言い換え・編集したもの

病院での活用 やさしい日本語
※サンプルです

言い換え・編集のポイント

 

ルビをふる

 漢字がわかる国の人もいますが、 日本の漢字の読み方とは違います。

 ルビをふるとひらがなが読める人は読みやすくなり、自分で調べることができます

 

和暦を使わない

 和暦は日本人でも何年なのかわかりにくく、外国人はなおさらわかりません。

 西暦にするとわかりやすくなります。

 

やさしい日本語にする

 医療の言葉は病気になって初めて知ることも多いです。

 外国人にとってわかりやすい言葉に言い換えることで読みやすくなります。

 

答えやすくする工夫を

 外国人の中には読めるけど書くことが苦手な人もいます。

 はい・いいえなどで丸をつけるだけで答えることができるようにすると

 外国人は答えやすくなります。

 

イラストを使う

 具合の悪いところをイラストで丸をすることで示すことができたり、

 お酒やたばこという言葉を知らなくてもイラストを見て答えることができます。