多言語対応のコストを削減

●多言語対応の言語数を闇雲に増やすことは最善ではない

外国人に情報を伝えるためには、

英語だけでなく複数の言語を表記する多言語対応が必要とされています。

表記する言語数が増えれば外国人に伝わりやすくなりますが、

2言語・3言語と増えるごとに、当然コストや労力は増大します。

 

また、せっかくコストや労力をかけて6言語~8言語といった数の翻訳を表記しても、

全ての外国人に喜ばれるとは限りません。

「(ネイティブ以外が翻訳すると)読むのがつらくなるほど精度が低いことがある」と

あまり歓迎されないこともあるようです。

(東京都国際交流委員会『東京都在住外国人向け情報伝達に関するヒアリング調査』2018年)

 

 

●基本的な多言語対応と「やさしい日本語」の組み合わせで効率的に

やさしい日本語は、日本語を学び始めて間もない外国人でも読めるように考案されました。

 

ダンクグループは、英語や中国語などいくつかの言語とやさしい日本語を組み合わせることで、

十分な多言語対応になると考えます。  

やさしい日本語を使うことで、無理に言語を増やすことなくコストや労力を削減することができるのです。

ダンクグループが提案する多言語対応