やさしい日本語の必要性

「今、やさしい日本語が必要とされている」

 

国会での改正入管法の成立や、

訪日外国人観光客の3,000万人突破に見られるように、

日本における外国人の労働面・観光面での受け入れは、

ますます拡大していくと予想されます。

 

 このような状況の中、私たちの慣れ親しんだ母語を使って

 外国人と日本人が、お互いを理解し合える「やさしい日本語」が

解決策の一つとして注目され、今、必要とされています。

 

 2018年時点で、195の国と地域から

外国人が来日し、生活をしています。

すべての人に、母語で情報を伝えられることが

理想的なのですが、現実的ではありません。

日本語から外国語に翻訳するときは、

文法を整理してから翻訳した方が

わかりやすくなります。やさしい日本語を使えば、

よりわかりやすく翻訳することができます。 


やさしい日本語は、

効率的な多言語対応を実現します。

無理に言語数を増やすことなく、

コストや労力を削減することができます。 

 

災害時はできる限り、

情報を素早く伝える必要があります。

やさしい日本語なら、

災害情報をより多くの外国人に、

素早く正確に伝えることができます。



「やさしい日本語」に関するご質問、ご相談(活用方法など)、

アウトソーシングなどございましたら、お気軽にお問い合わせください。